2010年11月20日

ちゃた、病院へ

数日前、ネットしながらチャタロウを撫で回してたら…

「ん?」

何かに触れた。


左脚の膝あたり、毛をかき分けて確認。
ぽこっと膨らんでいる、ぶよぶよしたしこり状の物を発見。
更に体中を触りまくってたら、今度はお尻付近に硬めのしこりも…


食欲・元気は変わらずでしたし、この時点では脂肪の塊かなぁとも思ったのです。
でもやっぱり腫瘍だと怖いので病院へ行ってきました。


今回は腫瘍疑いだったので、いつもお世話になっているM病院ではなく
うちのコ達はお初のK病院へ。(実家の犬猫はお世話になってます)
院長が日本獣医がん学会の獣医腫瘍科認定医なのです。
何ともなければそれでいいし、万が一のことがあれば
より知識のある先生に治療してもらいたいですよね。


で、診察室へ入ってキャリーからチャタロウを引っ張り出す。
あまりのデカさに予想どおりビックリされました。

「立派な猫だね〜。で、普通の猫なの?」だって(^^;

普通の猫ですけど…
普通じゃない猫って何でしょう?山猫とか?


そんなことは置いといて診察。
2ヶ所のしこりの細胞診をしていただきました。
結果は2ヶ所とも脂肪の塊。
良かった〜。一安心です。


20101120 001.JPG
チャタはうちの動物の中で一番大人しく診察を受けてくれます。
今回も頑張ったね。
お疲れ様!

ニックネーム ちろるまま at 22:33| Comment(4) | ちゃたろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ、ちゃたさま〜まずは良性でヨカッタですね!毛がふさふさでもよく見つけましたね。
でも、ぶよぶよしたしこりってどうしてできるんでしょうネェ?
この前銀さまもお尻にできて、良性なのでそのまま様子見なのですが、
まだそのままの大きさで、たいがい小さくなることはないっていわれちゃいました。
この先変化して気になったときアレなので、是非ともそちらの病院を
コソーリ教えてくださいな〜。


Posted by 名物へっぽこ at 2010年11月22日 12:25
注射名物へっぽこさん
銀さまもぶよぶよのしこりがあるんですね。
ぶよぶよのままですか?
ちゃたの硬い方のしこりは、存在に気付かないうちにぶよぶよから
固まったのかと思ったんですが、どうなんだろ。

細胞診で良性の診断であっても、採取した細胞のすぐ近くに
悪性の細胞が潜んでる可能性も否定はできないそうです。(稀にでしょうけど)
なので急激に大きくなったら、すぐに連れてきて下さいと言われました。

病院については後ほど連絡しますねぇ〜。
Posted by ちろるまま at 2010年11月22日 22:24
ちゃたさん良かったですね!
腫瘍に詳しい先生だったら安心ですねっ^^
獣医さんって得意分野がもっとあればいいのになーって思います。
かなり遠くまで行く場合も多いですもんねぇ。

ところでちゃたさんが一番大人しいんですね^^
犬のほうがびびりが多いのかな?(ニロも然り・・・)
Posted by sa@co at 2010年11月23日 20:17
注射sa@coさん
ありがとうございます。
うちのような田舎に腫瘍に詳しい獣医さんがいただけでもありがたいですけど…
ホント、それぞれ得意分野を持った先生が近くにいてくれたら大助かりなのになぁ。

病院嫌いのニャンコは、わめきながら大暴れしているコが多いです。(よく見かける)
あれならビビリな犬の方が楽かもしれません。
チロルにはかなりの高確率で肛門腺噴射されるけど…ふらふら
Posted by ちろるまま at 2010年11月25日 12:21